真夏にメタルジグを使って堤防から楽しむハマチのルアー釣り

真夏にメタルジグを使って堤防から楽しむハマチのルアー釣り

スポンサーリンク

夏になれば海水温も上がり、堤防から釣れる魚種も大幅に増えていきますが、その中でもおすすめなのがメタルジグを使ったルアー釣りで楽しむハマチ釣りです。

ハマチは魚食性が強いので、ルアーにも積極的にアタックしてくるのでルアー釣りをほとんどやったことが無いという初心者の人でも手軽に楽しめます。

今回はタックル面も含めて簡単に紹介します。

ハマチのタックルは手頃なもので十分

ルアー釣りはとにかく他の釣りに比べて軽装で楽しめるのが、メリットです。

なので、釣具店で安売りで売られているようなルアーロッドでも十分に楽しめます。

リールも40センチまでのヤズサイズが中心であれば、あえて小型リールを使ってみるのも1つの方法です。

ライトタックルを使用することで、相手の引きをスリリングに味わうことができます。

使用するルアーについて

使用するルアーはメタルジグのブルーやブルーピンクといった定番カラーを中心に、他にも何色か揃えておくと様々な状況に対応できるのでとても便利です。

もしどのようなカラーを揃えれば良いかよく分からない場合は、現地の釣具店のスタッフに聞くのが手っ取り早いです。

ハマチの釣り方について

夏は比較的浅場まで回遊してくるので、足元までしっかりと探るようにして下さい。

アクションとしては活性が高いときは早めの誘いを軸に組み立てて、活性が低いときはスロー気味のしゃくりで誘ってみて下さい。

アタリがあればすぐにフッキングをするのが基本となります。

最後に

ルアー釣りと言うとどこか難しいイメージを持っている人もいるかもしれませんが、夏は他の時期に比べて魚の活性も高いので比較的簡単に釣れることが多いです。

なので、これまで釣りをしたことが無いという人も興味があれば気軽に挑戦してみて下さい。